« 槍ヶ岳登山(一日目) | トップページ | 槍ヶ岳登山(三日目) »

2008年7月29日 (火)

槍ヶ岳登山(二日目)

26日、きょうは双六小屋から西鎌尾根を経て槍ヶ岳へ向かいます

双六小屋 出発は05:36
いきなり樅沢岳ヘの急登が始まります

P1030549

ちなみに朝食は、こんな感じ

P1030545

樅沢岳 06:20

P1030550

ここから、稜線上を歩くことになります
わりと平坦で楽だろう、と思っていたら、けっこうアップダウンが、あります

硫黄岳のゴツゴツした稜線

P1030557

クサリ場が、4箇所ほど続きます

P1030559

P1030570

今にして思えば・・・
ガスっていたおかげで、谷底が見えなかったので
良かったのかもしれません
こんな道ばかり、でしたから・・・

P1030560

千丈乗越 到着 09:43

P1030575

ここから、槍の肩への急登が始まりです(およそ2時間の登り)
ちょっと、一息入れてから、登り始めました
やはり、つらい・・・つらい・・・
何度も足が止まってしまいました
あわてる旅ではないので、遅くてもいいから着けばいいんだ、と自分に言い聞かせ
少しずつ進みました

ガスの向こうに、ニセ槍が見えています

P1030579

あ、なんとなく、もう着いたかな?という感じですね

P1030583

槍が岳山荘到着です 11:25

P1030585

さっそく受付を済ませます
割り当てられた部屋は、なんと「駒鳥」
※一部の方のみに、わかる爆笑ネタ

P1030590

しばし、横になって休憩・・・catface
そのうち、部屋も一杯になってきて、歓談が始まりました
天候も回復してきたようなので、皆で穂先に登ることにしました

Img_3123

少し、楽に考えていたのですが・・・甘かった・・・
岩登りですね
まあ、探せば、それなりに足を掛ける所はありますが・・・
慎重に登っていきます

Img_3129

下りの皆さんも、真剣な顔・・・一歩間違えば真っ逆さまですからね・・・

Img_3130

これが、頂上への最後のハシゴ

Img_3132

私は、ハシゴは、動かないので、あまり怖くなく
どちらかと言うと、クサリの方が怖かったですね

頂上に着きました \(^o^)/

Img_3133

祠の前で記念写真camera

Img_3140

「アルプス一万尺」に出てくる小槍
アルペン踊りって、どんな踊り?と気にする前に
ここにどうやって登るんでしょうね~?

Img_3141

向こうの尖がった山は常念岳

Img_3145

燕岳から常念岳の表銀座

Img_3151

そのうちに、またガスが出てき始め展望がきかなくなってしまい
下りることにしました
下りた後、乾杯ですbeer

P1030592

夕食は17:00 メニューはこんな感じ

P1030598

夕食後、天気が良くなり始めました
穂先をバックに記念写真camera

Img_3170

西鎌尾根の雲海と夕日

Img_3664

穂高方面

ニョキっと飛び出している山が前穂高岳の北尾根

いつも上高地側から見る姿とは大違いですね

Img_3662

P1030599

さて、日も沈んで暗くなり始めました

ガスが、行ったり来たりしますが、合間をみて天の川を撮影

Img_3692

はるか向こうの空に雷雲が発生していて、ピカピカ稲妻thunderthunderが光っていました

そのせいか、空の色合いが、ちょっといつもと変わって、これもまたいいかな?と

カメラを北にむけて、槍と北天

Img_3700

しかし、雲が近いせいか、湿気がひどく、レンズが、すぐ曇ります
一分間持ちません
撮影終わる度に、レンズをフキフキも、しんどいので
明日の下山もあることだし、と21時頃に撤収

と、布団に入ったものの、なかなか寝付けませんでした

次回は、槍から飛騨沢、槍平を経ての下山編です

続く・・・・・

« 槍ヶ岳登山(一日目) | トップページ | 槍ヶ岳登山(三日目) »

スナップ」カテゴリの記事

夕陽」カテゴリの記事

星空」カテゴリの記事

星空動画」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

上から13枚目~16枚目までの写真を見るとクラクラ~って来ますね(@@)
クリックして拡大したもので余計に来ました(笑)
でもよくあんな険しい所で写真を撮れましたねスゴイ!(^^// パチパチ
感心100%
お顔写真ですが・・しっかり頂上で写ってますねd(^_^o)
とてもいい笑顔♪
このあとの続きも楽しみです~!!ワクワク

ps・・主人に見せたらすぐにでも行きたいって言いそう~・・(笑)

山男komaに変身したようで・・・
しっかし、タフですなぁ~。
頂上を制覇した時の爽快感は登った者にしか分からないでしょうね。

sugikoさん、ど~もhappy01
立ち止まれると行っても、3点支持は必要なので、片手でパチリcameraです
首から提げていると、けっこう邪魔でした
岩にカメラがゴンゴンぶつかりましたが、気にしている余裕はなしcoldsweats02
まあ、カメラ、レンズともに無事で良かったですが・・・

marsさん、どもどもhappy01
タフじゃないですよぉ・・・
皆さん、もっと凄いですね
年配の方が、たくさんいたのには、ちょっとビックリでした
登りきった爽快感&達成感は、ほんとに気持ちいいものですよ
おひとつ如何ですかぁ?bleah

Komaさん偉い!
Komaさんは山男になったんですね!
私は膝を悪くしたので槍ヶ岳は夢のまた夢です。
疲れている状態で無理をすると私のように膝を壊すので無理のないペースでこれこれからもがんばって下さい。

会社の帰りに病院(面会)へ直行なので、昼休みにお邪魔しました

ぐぇ~~~っ これでガスってない景観だったら写真拝見しても
めまいがするでしょうね~~wobbly
はしごだって、これ、登れば当然降りてこなくちゃ、でしょう?
あ゛~~しかし こんなところでアルペン踊りなんて
踊れるわけないですね(笑)

でも晴れて記念写真 よい思い出になりましたね
>※一部の方のみに、わかる爆笑ネタ
某所で爆笑させていただきましたhappy01

komaさん あらためて お疲れさまでした♪
ますますのご活躍を お祈りしています

Masaさん、ど~もhappy01
私も、膝が弱いので、今回ビクビクだったのですが、事前に低い山をいくつか登って、足慣らしをしておいたせいか、膝の痛みは出ませんでした
とはいえ、無理をしないでマイペースで、これからも楽しみたいと思います

ところで、Masaさんって、どちらのMasaさんですか?

kazuさん、どもどもhappy01
槍ヶ岳は、女性も、いっぱい登っていますよ
ひとつ、頑張ってみませんか?coldsweats01
ハシゴは、しっかり固定されているので、心配ないです
どちらかと言うと、クサリの方が怖かったかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 槍ヶ岳登山(一日目) | トップページ | 槍ヶ岳登山(三日目) »