« 焼岳登山 | トップページ | 9/19の夕焼け »

2008年9月15日 (月)

武尊山、谷川岳

9月13日~14日と群馬県の武尊山(ホタカヤマ)と谷川岳へ行ってきました

Photo Photo_2

 

9月13日は武尊山

富山発は04:30
高速道路を乗り継ぎ水上ICには、8時頃でした
案外、早く着くもんですね
ところが、そこから登山口までに迷ってしまって、だいぶん時間ロスしてしまいました

登山口の武尊神社
その名前の通り「ヤマトタケルノミコト(日本武尊)」を奉ってあるそうです

P1030667

しばらく林道を歩いていきます
林道終点に到着
P1030668

 

ここから先は急登となります
天気は、曇り空、展望も良くなく、歩いていてもしんどい

P1030669

頂上まで、もう少し、というところで「行者ころげ」という難関が・・・
クサリ場&ハシゴが、連続して続きます

P1030670

P1030671

P1030672

P1030673

ここを、なんとかしのいで稜線に到着
武尊山が見えてきました

P1030675

やっと、山頂到着

P1030677

しばし休憩・・・・
時間が遅いので、早めに下山です
剣ヶ峰山経由の下山ルート、いきなりの急勾配

P1030680

一緒に行った皆さんは下りが速い!
ついていけませんcoldsweats01
剣ヶ峰山分岐点

P1030681

ザックをデポして山頂へ向かいます
0.1kmとなってましたが、とてもそんなもんじゃなかった・・・
もしかして標高差が書いてあったんじゃなかろか?
剣ヶ峰山山頂

P1030683

下りは悪路の連続
急勾配な上に、木の根っ子だらけ
それに雨で濡れて滑りやすくなっていて、何度尻餅ついたことやら・・・
一回転もしましたし、木の枝に頭を強打cryingもありました
よくぞ、怪我なく下りて来れたものだと・・・
なんとか、日没前には下りることができました

この日の宿泊は、湯の小屋温泉の民宿
夕食はこんな感じ

P1030685_3 P1030688_2

 

山小屋泊りも、よいけれど、こんなふうに温泉泊りで、ご馳走いただくのもいいもんですhappy01

夜になって雨がひどくなってきました
明日は、ダメかな?とあきらめムード
そうなると、宴会モードに突入か!?と思われましたが
登山疲れもあってか、早々に就寝となりました

さて翌朝
雨も上がって快晴と言えないまでも青空も見えています
今日は気持ちよく登れそうです
朝食もご飯一杯お代わりして、登山に備えましたbleahP1030689_2

 

谷川岳ロープウェイに到着

P1030697

天神平に到着

天気は良くなってきています

P1030700

谷川岳が見えています

P1030701

ここから、リフトに乗り天神峠へ

P1030702

さて、ここから歩き始めます

登山道なのでアップダウンは、あります

昨日の疲れが残っているので、ちょっとつらい~

P1030703

P1030706

登山者がアリの行列のよう

P1030710

熊穴沢避難小屋を過ぎると、いきなりの急登

遅れないように、ついていくのに精一杯で、写真撮っている余裕なし

それでも、かなり遅れましたが・・・

中間地点の「天狗の留まり場」

P1030715

時折、涼しい風が吹き、気持ち良いです

P1030716

肩の小屋

P1030718

ここから「トマの耳」へ向かいます

とちゅうにある日本三大急登のひとつ「西黒尾根」との分岐

まちがって、ここに迷わないようにしないといけません

P1030719

分岐点から西黒尾根

険しい稜線ですね

P1030720

「トマの耳」

P1030721

トマに耳からオキの耳を望む(ガスに隠れてしまってますが)

P1030722

肩の小屋にもどり、しばしの休憩

P1030734

むこうに浅間山が見えています

P1030735

たくさんの登山者で、あふれています

P1030737

ここで、「オキの耳」に行くグループと下山組に分かれました

当然、私は下山組

すぐに、遅れてしまって、開き直って、写真を撮りながら、ゆっくり下山です

ザンゲ岩

P1030739

急な下りが続きます

P1030742

P1030743

避難小屋からすぐの急登

登った時は、下りることを考えてビビリましたが、下りてみると、たいしたこともなかった

P1030744

熊穴沢避難小屋

P1030745

天神尾根のクサリ場

P1030746 P1030747

 

この辺から団体さんの行列につまってしまって、さらにゆっくりとなりました

とちゅう、谷川岳が見えています

P1030750

こうして、登ってきた所を振り返るのもいいもんですね

ロープウェイ駅が見えてきました

P1030751

駅より、もう一度、谷川岳を振り返る

P1030756

武尊山は、天気が悪かったせいもあるけれど、悪路に悩まされました

もう二度と行きたくない~coldsweats02

谷川岳は、ガイド本に書いてあるほど楽ではなかったですが

避難小屋からの急登を、何とかしのげば、あとは普通の登山道

約2時間足らずで登れますので、案外お気軽かもしれません


« 焼岳登山 | トップページ | 9/19の夕焼け »

スナップ」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさいませ~・・・山男さん(笑

写真を拝見すると、えらいきつい登山なんですね。
頂上から眺める景色は最高でしょうね!
お疲れ様でした~。

うわ~ komaさん 2日連続の登山ですかsign03
素晴らしい体力ですね~good
一回転したり、木の枝に頭を強打? あ~よくご無事で!
身体、柔軟性があるってことですねscissors
お疲れさまでしたheart01
しかし 3連休のせいか?登山者 多かったですねeye
富士登山もブームで行列してますが、komaさんみたいに鍛えた人でないと
軽く考えて出かけて脱落する人も多いよーでwobbly

mars山、kazu山、どもどもhappy01
登っていると、ほんとにつらいんですが
何故か、頂上に着くと、す~っと疲れが消えるんですよ
その瞬間が、たまらないものがあります
それで、下っていくと、また違うつらさが出てくるんですけれどね

ぜひ、低い山からでも始めてみてください

すっかり山男さんですねd(o^v^o)b
写真で見てると本当に険しいとこあり~の
景色のいいとこあり~ので・・そそられますw

でも、アタクシ足腰軟弱体質o(;-_-;)o
よってkomaさんにこれからも登山はお任せします(* ̄ー ̄)σ
でも1回転してもニャンパラリ♪と怪我もなく?
無事で何より(’v^)-☆
これからは不死身のkomaさんとお呼びしましょう♪(笑)

本当にお疲れ様でした( ^-^)_且~~~

sugikoさん、どもどもhappy01
私も、登山というよりハイキング程度の方がいいのですけれどねぇ・・・
ほんでも、高い山に登り切った時の爽快感は、たまらないものがありますね

大きなオナカが、クッションになってくれたおかげで、一回転転倒も怪我無しでしたcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼岳登山 | トップページ | 9/19の夕焼け »