« オリオン座流星群2008 | トップページ | 11/1 天文台→馬場島 »

2008年10月26日 (日)

奥丸山

25日(土)に奥丸山へ登ってきました

槍穂高の展望台ときき、気になってしまい、とうとう・・・

P1000265


ルートは、新穂高からワサビ平→奥丸山→槍平→新穂高でした

7月に槍ヶ岳へ登った時、小池新道との分岐に「奥丸山」と表示があったので、こちらのルートで登って見る気になりました(まあ、それが大間違いだったわけですが・・・)

新穂高出発は、06:00
林道終点ゲート着 06:31
Img_6549

ワサビ平への道は、紅葉が綺麗でした(晴天だったら、もっと色が綺麗だったんですがね)
Img_6550

Img_6554

Img_6564

ワサビ平小屋着 07:36
20日で今シーズンの営業は終了、もう冬支度でした
Img_6578

小屋を過ぎて、すぐの道
紅葉の中を歩くのは、気持ちいいですね
Img_6579

小池新道との分岐付近
先に来た時は、ガスの中で、何も見えていませんでしたので、ちょっと感激です
Img_6585

ここで、右に橋を渡り、しばらく歩くと奥丸山登山道の表示 08:03
Img_6591

さらに5分ほどで「山頂まで3時間」と書いてある看板があります 08:08
見つけにくいけれど、赤色のリボンが目印
Img_6594

こんな感じの登山道
落ち葉で滑りそうで、歩きにくかった・・・
Img_6596

けっこう、急な登り
カメラを、ぶら下げていると歩きにくいので、ザックの中にしまいました
この後はコンデジで撮影です

登山道には、こんな番号の書いてある黄色い杭が打ってありました
中崎尾根には№164(目安にはなるかと思います)
P1000248

中崎尾根着 10:58
ここから山頂まで1時間と書いてありましたから、かなりの遅れ・・・
P1000257

ここまで急な登りだったので、ちょっと休憩です
しかし、ここから山頂まで1km、1時間の表示
でも、中崎尾根の標高は2100m、山頂が2400mだから、1kmで300m上がるのぉ~
まだまだ、つらい道のりなのでした・・・
P1000258

やっと、奥丸山頂上に着いたのは12:45
予定では11:00くらいのつもりだったので、かなりもたつきました
あれもこれもと荷物を増やしたのが、間違いでした
雨具と弁当と水だけにしておけばよかったです

まあ、それはともかく・・・

山頂からの展望は、噂にたがわず素晴らしいものでした

笠が岳
Img_6597

鏡平、弓折岳方面
先日通った道が、よくわかります
Img_6598

西鎌尾根
Img_6599

槍ヶ岳から南岳
Img_6601

南岳から大切戸、北穂、涸沢岳、奥穂
Img_6602

奥穂から西穂高、焼岳、その向こうに乗鞍岳
Img_6603

さて、時間もないので、さっさと下山 13:15
とちゅう槍平小屋が見えていました
P1000271

槍平からの南岳新道の様子がわかります
来年は、あそこを登りたいと思っていましたが、なにか登れるような気がしなくなりました・・・
P1000274

ちょっと下がった所に槍ヶ岳への分岐 13:24
頂上から、尾根沿いに続いているものだとばかり思っていたのですが、違いました
P1000276

槍平側登山口 14:12
キャンプ場の一番奥にあります
P1000279

前回、槍平から新穂高まで5時間かかっています
まずい・・・それからいくと、新穂高まで行く途中で日が暮れてしまう
最悪、17時頃まで白出沢に着けば、あとは林道だから暗くなっても安全に歩ける、と思い
先を急ぐことにする 槍平出発 14:24
P1000280

滝谷の藤木レリーフ 15:09
P1000281

滝谷から見る北穂高岳の威容 15:13
これも前回ガスの中で見れなかった
P1000283

笠が岳と夕焼け
P1000289

もう足が痛い~やっぱり靴下二枚にしておくんだった・・・
白出沢 16:48
ふぅ~なんとか間に合った・・・
奥穂高岳?天狗岩?が夕日を浴びて赤く染まっていました(アーベントロート)
P1000298

登山道取り付きまで林道歩きが、だやいので
ここまで自転車でくるという手もありですね
P1000299

もう日が暮れかかっています
P1000300

とにかく、ここからが長い・・・
ひたすら歩くのみ・・・
とちゅう穂高平についたころには、さすがに暗くなってしまって、ヘッドライトを装着

しかし、ヘッドライトだけで歩くのは、けっこう怖いですね
真っ直ぐ歩いているつもりでも、曲がってしまっていたりします
ほんとに暗くならないうちに林道に着いて良かったと思いました

新穂高着は18:45頃

私の力では、日帰り登山にはきつい行程でした
今回のルート断面図
Photo
これを見てわかるように、槍平側から登りワサビ平に下山するほうが比較的に楽な感じですね
ちょっと選択を間違いました

ルート地図
Photo_2

とにかく、荷物の軽量化&自分自身の軽量化を計らなければいけないと痛感いたしましたcoldsweats01


これで、今年の登山はおしまいです
来年にむけて、冬の間に体力作りをしておかないといけません


« オリオン座流星群2008 | トップページ | 11/1 天文台→馬場島 »

夕陽」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

山男komaさん、こんばんは(^^;
星仲間の一人が山登りに夢中になり山男になってしまったのでした。

http://www.daisen.jp/p/2/news/22/
帰って来いよ~♪

marsさん、どもども(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
あれま、やっぱり、お仲間にもおられましたか~?
暗くて寝不足で不健康な天文やめて、明るく健康的な山歩きに趣味を替えようかと、マジに思ってしまいますねcoldsweats01

まあ今のところは「山と星」をテーマに取り組んでいますので(^O^)/
ご安心を

そういえば、今年は一回も直焦撮影していませんわぁ~coldsweats02

こんばんは
来年は 南岳新道?という所を登る計画ですか?
山って、どこも遠くから見ると、急斜面という感じがしますけど
実際はジグザグに登って行くから・・・
って、それでもキツそうな山ですねwobbly

↑断面図 すごい鋭角sweat01
komaさん あらためて すごいっscissors
今年は本当にお疲れさまでしたね~
いっぱい感動をいただきました♪
来年の、さらなるご活躍もお祈りしていますhappy01

南岳新道は、登るのをやめて下ることにしますcoldsweats01

またたくさん行きたいところが増える一方・・・
体が幾つあっても足りん!!
人の倍ほどある体格、分けられるものなら分身の術でも使いたい~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリオン座流星群2008 | トップページ | 11/1 天文台→馬場島 »