« 古城公園 | トップページ | オリオンとアルテミス »

2009年4月19日 (日)

前大日岳

okuさんのHPの写真を見て、行きたくなってしまい
18日、天気もよさそうなので、思い切って行ってみました

S

家を出たのが、04:30ころ
とちゅう、富山市内からは、毛勝山にかかる大きな彩雲が見えていました

P1010385s

もっと、綺麗だったのですが、写真では赤っぽくなってしまいました

登山口のある、クムジュン着は06:05

P1010387s

準備をして、いざ出発~! 06:25
しばらくは、林道を歩いていきます
一部、崩落している箇所もありました

P1010389s

しばらく歩いていると、私の先にゲートを通っていかれた方が
戻ってこられました
どうやら、林道の分岐が、よくわからないということで、一緒に歩くことに
連れができると、ちょっと安心です
そして、よくよくお話を聞いてみると、なかむらさんという方で、やはりokuさんのHPを見て、登りに来られたと言うことで、ビックリcoldsweats02

林道との分岐も、何とか見つかり、人津谷に入りました

P1010390s

P1010391s

人津谷から見た、大辻山の山並み

P1010397s

GPSログを、まめにチェックしないで、歩いていたので
本来、登るはずの沢の隣の沢を登っていることに、気がつきました
しかし、いまさら戻るのもまたつらいし・・・ということで、尾根に直登することに

P1010398s

P1010399s

勾配がきつく、軽アイゼンしかない私は、とちゅうから登っても登っても滑り落ちる
というアリ地獄状態crying
身の危険を感じたので、トラバースして尾根に向かうことにしました
木の枝などにつかまり、やっとの思いで尾根に出ました

P1010401s

とりあえず、ホッと一息happy01

P1010402s

尾根道を歩いていきます
とちゅうあった、りっぱな杉の木

P1010404s

ここで、なかむらさんの到着を待ってみるが、ずっと向こうのほうで鈴の音がするので、先へ進むことにしました
しかし、けっこうな急勾配が続き、息絶え絶え・・・gawk
急勾配を登りきったところで、なかむらさんと合流でき、また一緒に歩き始めました
といっても、鈍足の私は、すぐ置いていかれましたcoldsweats01

急勾配を登りきったところで、雪見平に到着 10:55

P1010411s

まだまだ、先は長い・・・

P1010414s

もう疲れてきたのか、後ろを振り向くことが多くなってきました

P1010419s

弥陀ヶ原

P1010423s

どうやら、あれが山頂のようです(手前のピークより)

P1010424s

頂上めざして、あえぎながら登る私・・・(なかむらさんから頂戴しました)

S_2

なんとか、頂上に到着 12:25
6時間もかかってしまいました・・・

P1010428s

早乙女岳と大日岳

P1010429s

早乙女岳まで行けば、剱岳が見えるのですが、もう気力体力&時間がなし

さて、エネルギー補給
きょうは、味噌ラーメンと、最近すっかり定番となった麦酒happy01

P1010431s

ビールうまぁ~~~happy02

さて、人心地ついたところで、山頂からの展望を楽しみます
山頂で一緒になった、「山のおもいで」のやまもとさん

P1010430s

白山が遠く見えています

P1010432s

鍬崎山と薬師岳

P1010433s

弥陀ヶ原(蛇行するアルペンルートが見えますね)

P1010434s

登ってきた道を振り返って見る

P1010440s

薬師岳

P1010443s

さて、順次下山されていき、私ひとり残りましたが、そういつまでもいられません
名残惜しいですが、下山です 13:30

P1010448s

写真で見ると、たいしたことないんですが、結構な勾配です

よくぞ、こんなところ登ってきたもんだと・・・・

P1010453s_2

P1010458s

文登研前進基地が見えてきました

P1010460s

ここで、小休止 14:55

P1010461s

積雪は2m

P1010464s

けっこう、太いポールですが、私ははみ出してしまいます

P1010466s

ポールと小屋

P1010467s

さて、ここから沢を下っていきます
さきに下りた、なかむらさんとやまもとさんの足跡が残っているので
それを辿っていきます
が、雪の無いところで、足跡を見失い、GPSログから、また大きく外れてしまっています
なんとか、沢渡りしないですむように、歩いていきました
とちゅう、歩いている雪の下から、流れる水の音が聞こえたりして、ヒヤリcoldsweats02
踏み抜かないように、気をつけて進みます
あとから、ログを見ると、けっこうグルグル周っていて、面白かったですね
なんとか、林道に出ることができ、ホッとしましたが
林道は道と言うより川

P1010469s

朝もひどかったのですが、帰りはもっとひどく歩くところがないくらい
もうあきらめて、濡れるのもかまわず歩きました
もう右膝がいたく、下りがつらいbearing
足を引きずりながらの林道歩き

クムジュン着は、17:10
GPSでは、ちょうど13kmの歩行距離でした
お疲れ様~

090418s



« 古城公園 | トップページ | オリオンとアルテミス »

スナップ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

いや~、お疲れ様でした。
初めて体重を教えていただいた時は正直驚きました。
こりゃ、物凄いハンディを付けての山歩きだと。(バキッ!)
それにしても好天に恵まれてよかったですね。
顔はヒリヒリしていませんか?

okuさん、こんにちは
okuさんからいただいたGPSデータのおかげで、無事帰って来れました
実は帰りの林道でGPSが電池切れアラーム
もし、谷で電池切れになっていたら、と思うとゾッとしましたcoldsweats02

先日、会社の山仲間がテント泊でザックが25kgになり辛かった、と言っていました
その彼は、65kgくらいなので、総重量90kg
なので、私は、それにさらに10kg増やした状態で山登りしているんだよ、俺の辛さがわかるだろう~!
と自慢してやりました
そしたら、妙に納得してくれましたhappy01

日焼けは、以前行った称名滝で一皮むけましたので、あまりひどくないようです
それより、筋肉痛で身動き取れないのがつらいですbearing

 ご一緒させていただいたなかむらです。

 うっかりとして、とんでもない谷に導いてしまいました。
毛勝山の安部木谷以上か毛勝谷に匹敵するくらいの急勾配でしたね~~~。

 途中の木や藪を渡り、今でも腕が痛いです。

 しかし、頂上は希に見る絶景で感動しました。
帰りは、やまもとさん共々迷ってしまったけど、GPSのお陰で無事帰還出来ました。

 雪が切れるこの頃はリボンも色々なルートがあって気をつけなければなりません。

 初っぱなから迷ってうろうろしているときに道を教えていただいたお陰で絶景を見ることが出来てありがとう御座いました。

 しかし、あの沢(川)が登山道とは思えなかった。
そして、地形図だとそう変わらない様に見える谷も正規のルートはあっけないくらい緩い谷で拍子抜けしました。

 今度は、毛勝山に行きましょう。

なかむらさん、どうもお世話になりました
単独でさびしい山行のはずが、楽しい山行となりました

あの谷は、ひどかったですね
私も、もっとまめにGPSチェックしていたら、早くに気がついていたはずでした
申し訳なかったです
が、無事に帰れたので、あれも楽しい思い出ですね

また、どこかの山でお会いしましたら、よろしくお願いします

うぉー! 前大日に行ってきたんですね。^^

私もokuさんのHP見て、行きたいと思っていました。
が、komaさんの報告を見ると、そろそろ今年も終わりなのかもしれませんね。
来年トライしてみまーす♪

おさおささん、こんばんは
はい、okuさんのHPを見たら、たまらなくなり行ってしまいましたが、私にはかなり身分不相応な山でした
今年はもう、谷の雪が少なくなってしまっていて道がなくなり、ちょっと厳しいでしょうね

来年はマサくんも行きたいといっていましたので
是非、誘ってやってください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古城公園 | トップページ | オリオンとアルテミス »