« 僧ヶ岳から駒ケ岳 | トップページ | 22日の天気・・・ »

2009年7月13日 (月)

奥大日岳&大日平オフ会

okuさん主催の大日平オフ会が7月12日に開催されることになり
それなら、前日に大日小屋泊まりをして参加しようと思いつきました
大日岳は、今まで2回登ったのですが、時間制限がある中、あの道を歩くのは、かなりつらかった
一度は、ゆっくり歩いてみたいと思っていました

称名滝手前の「悪城の壁」
何だか上は、ガスっているみたい・・・

P1020010s

駐車場着 7:50 出発 8:05
しばらく歩いていると、車のロックを掛け忘れた気がして引き返す
やっぱりロックしてなかった。。。
この時から、なんだかいやな気分・・・
歩いても妙に体が重い・・・称名道路で早くも汗が噴出してくる始末
先が思いやられる・・・
登山口 8:28

P1020012s

猿ケ馬場 9:20

P1020013s

ガスっています

P1020015s

牛の首 9:47

P1020016s

やっと大日平の木道 10:08

P1020021s

大日平は、ジワジワと登っていくので、私には、結構きびしい・・・
山は、まだガスがかかっています

P1020022s

P1020024s

弥陀ヶ原ホテルと大日平山荘

P1020026s

大日平山荘着 10:50
さっそく、裏の「不動の滝」へ

P1020029s

実は、この滝を見るのは初めてです
いままでは、ガスの中で何も見えなかった
しばらく休憩ののち出発 11:15

P1020033s

しかし、ここからが大変でした
まったく、足が進まない
3歩歩いて休憩の連続
動悸息切れ目眩がして、もう引き返そうかと思ったくらい
小屋泊まりだから、ゆっくり行っても大丈夫と自分に言い聞かせて、歩きました

なんとなく、空も晴れてきたような・・・

P1020036s

最初の水場 12:30

P1020038s

大日岳は水場が、豊富で苦労しないですみます

とちゅうの巨岩

P1020039s

大日平山荘が、小さく見えます

P1020048s

やっと、大日小屋が見えてきました 14:28
が、ここからが長かった・・・

P1020057s

振り返って、弥陀ヶ原と薬師岳

P1020060s

弥陀ヶ原と薬師岳、鍬崎山

P1020061s

あれが、大日岳かな?

P1020063s

P1020064s

コルに到着 14:57
ありゃりゃ、剱岳は雲の中・・・

P1020066s

大日小屋 15:00
やっと、着いた~ヽ(^o^)丿
大日平から、なんと4時間弱・・・・情けない・・・・

P1020067s

受付を済ませ、ビールと遅い昼食
ちなみに、今年から生ビールは、やめたそうです(残念)

さて、相変わらず剱岳は雲の中です

Img_4903

ず~っと、待っていたのですが、雲の中のままでした
夕食後も待機したのですが、ガスがひどくなり撤収し、就寝zzz

小屋の食堂は、石油ランプでした
なんだか、いい雰囲気です

P1020071s

23時頃、目が覚め外を見ると、薄曇りの中月明かりに照らし出される剣岳が見えていました
また、カメラを出し、撮影開始

Img_5237

やっぱり、剱岳は美しい山です

http://www.youtube.com/watch?v=vuw5sEP6jZI&fmt=22

カメラは自動撮影なので、そのままにしてもう一度就寝
3時頃に、また起きてみると、月が、ほぼ南中
暈がかかっていたので、撮ってみました

Img_5509

Img_5510

なんか、暈とは違うんじゃない?
あとから聞くと、幻月が、見えていたらしいです
もうちょっと、早くに撮っていればよかったよ・・・

剱岳と金星

Img_5508

日の出は、剱岳山頂近くかららしかったけれど、雲が多くて無理だと思い、パスして朝食まで寝ることにしました
どうもまだ、昨日の疲れが残っていてひどい・・・

朝食後、さてどうするか?
大日平に下りるのは、時間が早すぎ・・・大日岳も往復30分だし・・・
やっぱり、せっかく来たのだから、奥大日岳を目指すことにしました
宿泊していたオバチャン・グループの方々が奥大日から大日小屋の間の道がひどかったと、騒いでいましたが、他の方から聞くと、そんなにひどくないよ、と言われたので、少し安心

小屋を出発 6:30

P1020073s

小屋を出てすぐの登りで、もう息絶え絶え・・・
大丈夫かなぁ?
まあ、時間の許すだけ行ってみようかと歩いていきました

P1020074s

P1020075s

七福園が見えてきました 6:45

P1020076s

自然の造形の美しさ、素晴らしいですね

P1020077s

P1020078s

P1020079s

P1020080s

P1020081s

弥陀ヶ原から室堂平、立山

P1020087s

奥大日岳への道 まだまだあるね 7:21

P1020088s

一箇所、危なそうな崖っぷちの道端に咲く花
チングルマでしたっけ?

P1020089s

振り返って、大日岳

P1020092s

ハシゴ場 7:50

P1020093s

稜線は風が強い!帽子が飛ばされそうでした

P1020096s

奥大日岳山頂 8:30
剱岳 最高~!

P1020098s

P1020099s

立山

P1020100s

もう一度、剱岳

P1020101s

天気がいい時に、また来たいですね

しかし、あのオバチャンたちが騒ぐほどの道でもなかったですね
たしかに危ない箇所は、2~3箇所ありましたが、普通に気をつければ大丈夫そうな道
まあ、人それぞれ、ってことで

さて、時間もあまりないので、すぐ引き返します
立山には曇がかかり始めました
雨が降らなきゃいいけれど・・・

P1020104s

しかし、とちゅうから雨がひどくなりだしたので、カッパを着用
カメラもしまって、ひたすら歩く歩く歩く

大日小屋 10:25

岩だらけの道の下りは苦手です
慎重に下っていきます

大日平山荘着は12:30頃

ありゃりゃ、もうすっかり盛り上がっていました
みなさんとは、初めてお会いしたのですが、初めてではないような気分
いつも、写真などでお会いしていたので、なんというか芸能人と、お会いしているような気持ちがしました
okuさんも、思っていたような気さくな方でした(酔っ払っていたから?coldsweats01

Img_5512

しばらくの間、歓談
山荘をでたのは、13;30頃

牛の首を過ぎたあたりから、私が疲労から遅れ始めてしまいましたが
ひさおさんが、ずっと付き添ってくれました
どうも、ありがとうございました

登山口着は、15:30頃

P1020111s

okuさん&みなさん
オフ会、楽しかったですね
次回も楽しみにしています♪

090711s

090711s_2

« 僧ヶ岳から駒ケ岳 | トップページ | 22日の天気・・・ »

スナップ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

星空」カテゴリの記事

星空動画」カテゴリの記事

月夜」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

さすがkomaさん、動画は素晴らしいですね。
それにしても夜中に起きての撮影は大変だったでしょうね。
そのころ僕はまだ夢の中・・・
次回オフ会も是非参加してください。
今度まじまに行ったらkomaさんのことを言って2~3段多めにしてもらおうかな!

okuさん、こんばんは
どうも、ありがとうございます

夜中に起きて、というより、夜中に目が覚めてしまう、かもしれません

次回オフ会も楽しみにしています
今回、参加できなかった友人も、次回は参加できればいいのですが・・・

まじま、交渉がんばってください~happy01

先日はお疲れさまでした。

動画って面白いですね。 もの凄い迫力です。
でも、自動撮影ってところがもっと面白い!^^

またキレイな写真を心待ちにしていまーす♪

おさおささん、先日は、お疲れ様でした
山荘に着いたら、もうすっかり盛り上がっていましたねぇ
かなり、向こうから笑い声が聞こえてきて、ありゃ~おそかったかぁ・・・と思いました

動きがあると、面白いでしょ?
撮影自体はカメラ任せで、人がやることは何もないのです
ただ、どうしても撮影に時間はかかるのが、少し難点
案外簡単ですから、是非やってみてください~

次回は秋の弥陀ヶ原だそうですね
また、お会いしましょう~
今度は、マサくんも引っ張ってきます

先日はお疲れ様でした

次は紅葉の弥陀ヶ原で会いましょう。

koma さんの撮った紅葉も見てみたいです。

ころ助さん、お疲れ様でした
次は弥陀ヶ原ですね!
さて、その時までに少しは痩せているでしょうか?

komaさん こんばんは♪
剱岳 感動のご対面おめでとうございます
読ませていただいてるうちに、こちらまで
息切れ動悸がしてきそうなくらいでしたwobbly
かなり過酷だったんですね
ご苦労されて この素晴らしい撮影
貴重な画像を見せていただき、ありがとうございます
幻想的なショットのほかにもダイナミックな滝 そして
可憐なお花・・と、お宝画像満載ですねscissors
これからも、くれぐれもお身体には気をつけて、
チャレンジなさってくださいねgood

kazuさん、こんばんは
大日岳は、相性が悪いのか、いままで一度も天気が良い日がなくて、剱岳が見れなかったのですが
今回こうして見ることができて、うれしかったです
山は見る場所が変わると、全く違う顔を見せてくれますが、この大日岳から見える剱岳は最高でした
これからも、自分の力の範囲内で楽しんで行こうと思っています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 僧ヶ岳から駒ケ岳 | トップページ | 22日の天気・・・ »