« あけましておめでとうございます | トップページ | アンダーアーマー(UNDER ARMOUR) »

2010年1月 4日 (月)

初山歩きは二上山

きょうで正月休みも終わり
ずっと天気が悪く、どこにも出かけていなかったが、きょうは久しぶりに青空がsun
矢も盾もたまらず、出かけました

とはいえ、10月末の中山登山以来、ろくに歩いていなかったので
いきなり急なところへはいけない
地元の二上山へ行くことにしました

まなび交流館の駐車場に車を停め出発は11:50

Cimg1593

しっかり踏み跡はついています
一応スノーシューは持参したが必要なかったかな?

Cimg1594

一番目の鉄塔 12:02

Cimg1597

天気がいいと気持ちよく歩けます

Cimg1598

青空が綺麗

Cimg1600

万葉ラインに出ました 12:24

Cimg1605

二上山 頂上 12:35

Cimg1608

普段は、まったく展望がないところですが、木の葉っぱがないので隙間から景色を楽しめました

Cimg1614

頂上に着いた時は単独女性ひとり
それから、夫婦一組
しばらく、話しをしていたが、単独女性は先に下りて行った
私も、その後しばらくして下り城山へ行くことにする 12:46

Cimg1615

大伴家持像 12:52

Cimg1617

すると、先ほど下りていった単独女性と、また出会う
城山まではカンジキのトレースが、ひとつ
私がスノーシューに履き替えているのを見て、踏み跡を付いていくと言う
ひとりで行くよりは、いいかな?と思いつつ
もっと若い女の子ならいいのになぁ~と、思ったとか思わなかったとか・・・coldsweats01

Cimg1618

話ししていると、高岡HC(ハイキング倶楽部)に所属している方であった
山の経歴は私より、ずっと上(恐れ入りました)
まあ、そんなこんなで、思ったより早く城山へ到着 13:21

Cimg1622

カンジキの単独男性ひとり
まずは、トレースのお礼を言って、ふと見ると変わったカンジキ(八角形の樹脂製)を履いておられたので聞いてみると渓流釣り用のカンジキなんだとか
なかなか軽くて良さそうでした

しばらく写真撮りながら休憩

観音様

Cimg1624

稲葉山を望遠で

Cimg1628

小矢部川の蛇行
ちょうど陽が差して綺麗だった

Cimg1645

先に単独女性は戻っていかれたが、私はもう少し写真を撮っていたが、やがて撤収 13:50
とちゅうにあった気になる木

Cimg1659

雪で枝が折れてしまっていた

Cimg1660

まなび交流館への分岐に戻ってきたが、なにか物足りない
鉢伏山に行ってみる事にした 14:06
しかし、あまり時間もないし、15時タイムリミットで行けるだけということにした

とちゅうの展望台では宴会が終わって引き上げていくグループと遭遇

Cimg1663

トレースはあったので、安心していたら、とちゅうのレストランまでで、その先はナシ

Cimg1665

まあ、いくだけ行ってみよう

Cimg1669

Cimg1670

もう、やめておこうかなぁ?と思ったら、目的地の仏舎利塔が見えてきた
もうひと踏ん張りしてみよう!

Cimg1674

とちゅうの大師ケ岳への分岐からトレースあり
助かった!!!

Cimg1678

Cimg1680

Cimg1685

Cimg1687

カーブミラーの湾曲のせいで太って見えますbleah

Cimg1691

鐘つき堂到着 15:09

Cimg1695

あまり時間もないので、さっさと撤収~

太陽も大きく西に傾き日没間近

Cimg1704

Cimg1707

とちゅうで日没となってしまいました

Cimg1708

ちょっと無理だったのか、膝が痛くなってきた
そして靴紐が足の甲に食い込んで痛くなってきた
ぜんぜんペースが上がらない

スノーシューを、とちゅう外そうかな?とも思ったが、それすら面倒くさくて、やる気がなく、そのまま歩く

スノーシューを履いて山の下りは、歩きにくいですね
何か、うまい歩き方でもあるんだろうか?

やっとの思いで駐車場に着いたのは17:15
スノーシューを外すと、足の甲の痛みが消えた
ありゃりゃ、ベルトの金具が食い込んでいたんですね
こんなことなら、さっさと外せば良かったよweep

Cimg1646

約9.9km、5時間半の歩き、でした
これからは、もっと早く出て休憩しながら、ゆっくり歩くようにしないといけませんね

100104



« あけましておめでとうございます | トップページ | アンダーアーマー(UNDER ARMOUR) »

スナップ」カテゴリの記事

夕陽」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

独り言」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

昨日はたくさん歩かれたようですね。
城山から仏舎利塔までって結構ありますよね。
お疲れ様でした。
僕もスノーシューのバンドの下にスパッツの金具が挟まっていて痛い思いをしたことがあります。
位置をずらせばあっと言う間に痛みはなくなりました。
スノーシューでの下りはなるべく踏み跡のない新雪のところをかかとから下りるようにすれば快適ですよ!

okuさん、こんばんは
どうもまだスノーシューを履いての登りが苦手です
後で気がついたのですが、どうやら左右逆に履いていたので金具が食い込んだのではないか、と思っています
説明書には
「ヒールストラップテンション・バックルが足の内側になるよう装着をお勧めします」と書いてありました

新雪のところを踵からおりる
今度、練習してみます~
どうも、ありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あけましておめでとうございます | トップページ | アンダーアーマー(UNDER ARMOUR) »