« 冬のオフ会(極楽坂山展望台) | トップページ | 伊折から剱岳 »

2010年2月15日 (月)

大倉山(P1054撤退)

2月14日、町内のTさんに誘われ、上市町の大倉山へ

天気は上々sun

P1030309

県道脇に車を止め 07:48

P1030313

しばらくは、ダラダラと林道歩き

P1030314_2

P1030316_2

P1030321

P1030326

P1030327

P1030328

やっと登山口に到着 09:22

P1030329_2

いきなり立ち木に引っかかり、抜け出るのに四苦八苦
さらに、もう一本の立ち木に四苦八苦
そして、そこから先は見上げるうな急登が待っていたshock

P1030331_2

P1030334

樹氷が太陽の光で輝き、綺麗です

P1030336

P1030337

800m地点 少し平らなところに出た 10:54
もうかなり、体力消耗

P1030339

P1030340

ここで、私は休憩
Tさんには、先に行ってもらうことにする

P1030348

しばらく休憩後、再スタート
この時点で頂上到達は、すでにあきらめていて、尾根までと思っていた

P1030351

 

P1030352

まだまだ、続く急登

P1030353

P1030357

P1030361

P1030363

P1030365

P1030366

P1030369

P1030373

P1030374

鍬崎山

P1030377_2

大日岳、奥大日岳

P1030378

やっと、尾根が見えてきた

P1030383

振り返って

P1030386

やっと、尾根に出ました 12:34
P1054は、もうちょっと先
樹氷が綺麗です

P1030387

P1030388

あれが大倉山ですね

P1030391

P1054
木の向こうにギザギザの稜線が見えます!

P1030392

やっぱり剱岳でした

P1030393

P1030395

あ~もうここまででいいや!と、座り込んで昼食としました

P1030398

大日岳、奥大日岳、立山、剱岳

P1030399

P1030401

何度見てもいい剱岳

P1030402

富山湾方面、能登半島も見えていました

P1030408

P1030410

P1030411

もう一度、剱岳

P1030413

P1030415

一時間ほど休憩し、下りることに
しかし、下りは恐怖です

P1030418

P1030420

上から見下ろすと、どうやってこんな所登ってきたんだぁ~と呆れ返るほど
正直、今まで一番の恐怖でした・・・
初めはスノーシューを履いていたのですが、怖くて下りられなくなり、とちゅうで外し、ツボ足で歩くことにしました
とちゅう、何度か雪にはまり、脱出不可能か?と思うこともありましたが何とか脱出
さらに滑って、谷に落ちそうにもなり、ヒヤヒヤものでした

なんとかかんとか、登山口についたのが14:40
ホッと一息・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tさんが下山してくるのを待つことにしました
一時間ほどして、Tさんが下りてきました

P1030424

そして、長い林道歩き

P1030428

やっと、車が見えてきた 16:56

P1030429

帰りは「アルプスの湯」で、解散となりました

やはり、林道歩きは疲れますね
そして、尾根までの急登には、参りました

5月頃だと登山口まで車ではいることが出来、夏道が出て
尾根には残雪、といった状態らしいので、そのころにまた登ってみたいです
頂上からの毛勝山から剱岳の展望が見てみたい!

※Tさん、お疲れ様でした
今度は、もうちょっとユルリとした山に誘ってくださいませcoldsweats01

100104s

091003s

« 冬のオフ会(極楽坂山展望台) | トップページ | 伊折から剱岳 »

スナップ」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

どうやら結構きつい山のようですね。

「真っ黒ネコさん」の2009年1月の大倉山をみると超健脚ぞろいでも相当辛そうに書いてありました。

僕なら即撤退ですね。(笑)

お疲れ様~~
前大日岳でお会いしたなかむらです。

大倉山は剱岳の展望台ですね。

何度か登っていますが、積雪時は要注意の山です。
昨年4/24に登りましたが、1325mから先の尾根の雪がズタズタに切れていて危険なので引き返しました。
雪の状況にもよりますが、もう少し早いほうが良いと思われます。

 引き返した後、新しく登山道が出来た稻村城山に登りました。
ここは、楽勝です。笑

okuさん
はい、とってもキツカッタデス・・・coldsweats02
真っ黒ネコさんの記録にあった下りに使われた隣の尾根のほうが、もう少しらくだったのかな?と思っています
でも、実際に行ってみたら違うかもしれませんが・・・

尾根までの道の雪がなくなる頃、また考えてみます~

なかむらさん
行った方の記録を見ると狭い尾根があるようで、なかなか登る時期の選択が難しそうな山なのですね

今年は、寒かったり暖かかったりで、雪が落ち着いていないような感じで、また難しそうです

雪山の遭難が多いですね
けっして無理しないようにしたいと思っています

がっつり急登のようですね。^^;
ラッセルは本当に疲れるので、残雪期に行くのがよさそうですね。 3月中旬ぐらいかな?

おさおささん
なんでも「急峻で有名」なんだそうです・・・
尾根も狭いので残雪期も雪の状況では難しそうですね
無雪期も草が茂って展望が悪くなるようですし、なかなか時期が選びにくい山みたいですね

無事のご帰還良かったです(o^-^o)
書いてあるの読んでるだけでヒヤヒヤもんの山だってのが良く伝わりました
でも自然のシャンデリア☆ 樹氷がとっても素晴らしいです!
キラキラ綺麗~~~♪scissors

ps・・前回のカキコミでの人違い事件?(^_^;)失礼しましたぁ
   入れる穴があったら入りたいくらい・・(苦笑)

すぎこさん
はい~ほんと厳しい山でした・・・coldsweats02
でも、樹氷の輝き、立山、剱、を見ることができてよかったです
また時機を見て再アタック!

※人違い事件は、よくありますので~happy01
笑って誤魔化しましょう~happy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬のオフ会(極楽坂山展望台) | トップページ | 伊折から剱岳 »